老視(老眼)チェック

明日は敬老の日。

そして、読書の秋。

 

40代になると気になりつつある小さい文字の見え方。

 

簡単にチェックできます。

 

一指し指の腹を向けて目の前にかざしてください。

そして一指し指を手前からどんどん遠ざけてください。

そうすると、一指し指の指紋がくっきり見えたところ(ピント)が合うところがあります。

その距離が「近点」となります。

一般的には「近点」が30㌢以上離れると

老眼鏡が必要のサインになります。

 

普段、近視や乱視、遠視など

遠くを見る時に眼鏡をかけている方は

眼鏡をかけたままでチェックしてください。

 

あくまで簡単なチェック方法です。

やはり、きとんと視力検査を受けることをお勧めいたします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です