視力は発達していくものです。

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は、実はほとんど見えていません。

0.01~0.02くらいと、言われています。

抱っこをしても、赤ちゃんは私達の顔はまだ、ぼんやりとしか見えていません。

 

「視力」は8歳頃までに発達していくものです。

 

その発達期間中に何かしら発達の妨げになるようなことが

起こっていたら視力の発達に影響いたします。

 

3歳ころには、0.7~1.0程度まで発達すると言われています。

 

3歳児検診での視力検査は、

弱視のおそれがある場合など早期発見し、治療を開始する必要があるために

行われます。

とは言っても元気な3歳児の視力検査は思うように出来ないケースもありますが、

諦めずに行っていただきたいです。

 

上手く出来ないのは、もしかしたら見る事に何かしらの問題があって

嫌がるのかもしれません。

 

お子さんは自分から

見え方の訴えてはきません。

 

日ごろからお子さんの様子に注意してみてください。

 

例えば、目を細める。眩しがる。

頭を傾けて見る。

よく目を触る、気にする。

よくつまずく、転ぶ、ぶつかる。

などなど・・・

 

気になる様子があれば、

眼科の診察を受けることをお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です