視力は発達するもの。

生まれたばかりの赤ちゃんは実は、明るいか暗いかぐらいしかわかりません。

生まれてから、外の世界を見ることで、視力がどんどん育っていき、

6歳頃には、大人と同じくらいになると言われています。

 

では、視力の発達のためにはどんなことをすればいいの?と思いますよね。

視力の発達には、目で見た映像を脳に送り、脳がその映像を正しく理解する訓練が必要ですが、

日常生活の中で近くのものや遠くのものを見みることが、訓練になっています。

特別なことをする必要はないのです。

 

沢山、外遊びをする事が一番の訓練です。

いろいろな距離のものを見て、体を動かすが、一番です。

 

以前に比べると、外遊びをする機会が少なくなり、

スマホなど近くばかりを見ている時間が増えているのが、気になります。

 

遊べる環境が少なくなっていることもありますが、

お子さんには是非、沢山外遊びをさせてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です