近視の見え方と注意点

小学校に入り、高学年になるにつれて増加しているように感じます。

 

近視は遠くは見えにくいが、近くは見えます。

弱度の近視は、近くを見るのが楽ですが、

強度の近視になると、通常の近業距離(30㌢くらい)では見えません。

もっと近くにすると見えます。

 

目安にはなりますが、高学年になると

視力が0.7以下であれば、授業中は眼鏡を使ったほうがいいようです。

見づらいと学習に影響が出ることが考えられます。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です